2017 夏 ★ 基礎化粧品の人気ブランド

夏の肌ダメージはアフターケアが大事!

梅雨明けをして、今年もいよいよ、夏本番。

真夏の太陽の下では、日焼けなどの肌ダメージが気になります。

日焼けやシミ防止策は万全!というあなた、照りつける日差しの怖さはそれだけにはとどまりません。

紫外線は肌表面の角層の水分を奪い、新しい細胞をつくる土台のコラーゲンを破壊します。

また、紫外線はDNAレベルでも肌を傷つけます。 お出かけが楽しくて多くなる気候です、

外出のときはくずれにくいベースメーキャップを選んだり、紫外線防止用化粧品でUV対策を

万全にしてください。人気ランキング上位のメーカーからのアフターケア方法や、

イチオシの商品を集めてみました。

ALBION

うっかり日やけから肌を守る
アフターケアが重要なポイントに
うっかり日やけを起こしやすいパーツにも要注意
当たり前のことから1つずつ。いち早く“冷やす”ケアを
乾燥した肌を“保湿ケア”で保護しよう
食事や睡眠での“内側からのケア”も忘れずに


アルビオン エクシアAL ホワイトニング インテシブ スポッツ 4.0g-ALBION-

アルビオン エクシア AL ホワイトニング イマキュレート エッセンス IDD

SK-Ⅱ

シミのない、クリアな素肌へ
シミができる理由
SK-IIの長年の研究により、シミには2つの原因があることがわかりました。ひとつは、正しい紫外線対策を行わずに、肌を紫外線にさらすこと。でも、もうひとつのシミの原因は、しっかりとUVケアをしていたり、太陽の紫外線を避けて過ごしていても、起こりえることなのです。

ステップ 1:シミを目立たなくする
ステップ 2:シミを予防する
ステップ 3:透明でクリアな素肌を保つ
ステップ 4:シミをカバーする

資生堂

紫外線対策のポイント

肌にムラなくたっぷりと。
日やけ止めは使用量を守って、肌にムラなくたっぷり塗りましょう。塗る量が少ないと、効果が低くなってしまいます。
こまめに塗り直しましょう。
1度塗ったからといって、油断は禁物です。汗をかいたりこすれたりして肌から取れてしまいます。効果を保つためにも2~3時間おきに塗り直しましょう。

紫外線が強くなる時間帯に注意。
外出時は、長袖の衣服や帽子、日傘などで直射日光を避ける工夫も大切です。紫外線が強くなる時間帯(午前10時から午後2時ころ)はなるべく外出を控えましょう。

保湿も忘れずに。
紫外線を浴びた肌は、乾燥が進んでしまいます。日やけ止めで肌を守ってあげたら、保湿も忘れずに行いましょう。

赤くなったときは冷やしてあげましょう。
日焼けをして赤くなってしまったときは、軽いやけどの状態なので、 こすったりしないように注意し、冷やしてあげましょう。

2E(ドウ-エ)化粧水
【6個】 資生堂 2eドゥーエ 日焼け止め ノンケミカル 40gx6本

ESTEE LAUDER

高いUVカット効果で、紫外線によるダメージから肌を守りながら、優れた保湿力でスキンケア効果も発揮。
肌にすっとなじむ軽やかなつけ心地。

ESTEE LAUDER エスティ ローダー クレッセント ホワイト UV プロテクター SPF50/PA+++ 30ml [並行輸入品]

LANCOME(ランコム)

これからのUV対策
肌の美しさをを保つためには、
紫外線からも、空気中の汚れからも肌を守ることが大切です


ランコム ジェニフィック アドバンスト (美容液) 100ml{並行輸入品}

2017年夏 今からワクワク(*^o^*) 楽しい思い出をいっぱい作りましょう。