まだ間に合う?日本の三大祭のひとつ、祇園祭!

先週末17日は、祇園祭のメイン中のメインのイベント、「前祭の山鉾巡行」です。ちなみに山鉾巡行はユネスコ無形文化遺産にも登録されています。
祇園祭の一番の盛り上がりは14日~17日の4日間かと思います。
私も、過去に宵山に行ったことがありますが、人の多さがとんでもないです!

祇園祭は、日本三大祭のひとつです。毎年7月1日から31日までの1か月間、京都市内で行われ、クライマックスの山鉾巡行と紙幸祭をはじめ、さまざまな催事が行われます。
京都に住む人々にとっては、祇園祭の季節になるといよいよ夏本番だなっと感じるそうです。
ちなみに京都の人の多くは宵山に行って、山鉾巡行には行かない人が多いように思えます。山鉾巡行には、観光客の方が多く来られるイメージです。

祇園祭とは

お祭り商店街西参道商店街振興組合-お祭りプラザ-お祭り紹介-祇園祭5
出典:http://www.asakusaomatsuri.com/festival/%E7%A5%87%E5%9C%92%E7%A5%AD/

祇園祭(ぎおんまつり)は、京都市東山区の八坂神社(祇園社)の祭礼で、明治までは「祇園御霊会(御霊会)」と呼ばれた。貞観年間(9世紀)より続く。
京都の夏の風物詩で、7月1日から1か月間にわたって行われる長い祭である。
祭行事は八坂神社が主催するものと、山鉾町が主催するものに大別される。一
般的には山鉾町が主催する行事が「祇園祭」と認識されることが多く、その中の山鉾行事だけが重要無形民俗文化財に指定されている。山鉾町が主催する諸行事の中でもハイライトとなる山鉾行事は、山鉾が設置される時期により前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)の2つに分けられる。山鉾行事は「宵山」(よいやま、前夜祭の意。前祭:7月14日〜16日・後祭:7月21日〜23日)、「山鉾巡行」(前祭:7月17日・後祭:7月24日)が著名である。
八坂神社主催の神事は「神輿渡御」(神幸:7月17日・還幸:7月24日)や神輿洗(7月10日・7月28日)などが著名で、「花傘連合会」が主催する花傘巡行(7月24日)も八坂神社側の行事といえる。
宵山、宵々山、宵々々山には旧家や老舗にて伝来の屏風などの宝物の披露も行われるため、屏風祭’の異名がある。
また、山鉾巡行ではさまざまな美術工芸品で装飾された重要有形民俗文化財の山鉾が公道を巡るため、「動く美術館」とも例えられる。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%87%E5%9C%92%E7%A5%AD

公式行事ではない屏風祭りとは

また、祇園祭の宵山の期間には、烏丸通りから油小路通りにかけての16件が、屏風絵を飾り、家屋ごと一般公開しています。
屏風だけでなく、美術品や調度品などもも飾り、祭り見物に来た人々が通りから鑑賞してもらえるようにしています。
これを屏風祭と呼ばれ、山鉾見物とともに見逃せない催しのひとつとなっております。
*屏風祭は祇園祭の公式行事ではありません。

出典:https://kyoto-design.jp/special/gionmatsuri/byoubu
byoubu_01

先週行けなかったアナタ!まだ「後祭」が残ってます!

先週末は祇園祭に行けなかった人も、まだ大丈夫です。「後祭」が残っています。「後祭」は2014年に約半世紀ぶりに復活し、150年ぶりに大船鉾も復活しました。
17日の前祭では、八坂神社から神様の乗った神輿を四条の新京極・寺町商店街前の御旅所(おたびしょ/神様の乗った神輿が休憩・宿泊する場所)へお迎えし、
24日の後祭では逆に八坂神社にお神輿を帰す「神輿渡御(みこしとぎょ)」が行われます。
四条通の歩行者天国や露店の出店は無い予定で、「前祭」ほどの派手さはありませんが、提灯が灯り祇園囃子が流れていて、とても情緒ある雰囲気です。
24日には10基の山鉾が巡行し、十分な見応えがありますよ。
「前祭」に行きたかったのに行けなかった人は、「後祭」に出かけてみるのはいかがでしょうか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

Amy

9年間の海外生活を経て大阪でOL生活を満喫中の30代です。美味しい食事とお酒に幸せを感じます! 毎日の生活の中の「素敵♪」を見つけては記事にしていきたいと思います。